ABOUT: このサイトと作者について


スズキレイジ

緊縛写真作家。196X年東京都多摩地区出身。少年時代のボーイスカウトでロープワークを身につけ、学生時代から写真撮影を趣味とする。WEBや出版物のデザインを本業とする傍ら、緊縛された女性の美しさをテーマとした写真作品のサイト「ROPE MAGiC」を2003年に立ち上げ、以来十余年にわたり一般応募の女性をモデルとした新感覚の緊縛写真作品を多数発表。

被写体と1対1で向き合い、自らが緊縛と撮影を同時に行うスタイルはドキュメンタリーの要素とファンタジーの世界観を併せ持ち、それまでの緊縛写真の概念を変える透明感のある作風で注目を集めている。

(カメラネームのレイジはLazy=「ナマケモノ」です。)

CONTACT|ご連絡・お問い合せ


ROPE MAGiCのあゆみ

(20周年作品展図録より)

ROPEMAGiCのサイトを立ち上げたのは2003年。気がつけばもう活動20周年ということになる。まさかこんなに永く続くとは僕自身が思ってなかった。

当時はもっぱら男性向けのポルノだった緊縛写真に、もっと違う可能性があるんじゃないかと考えたのが、僕が緊縛写真を撮り始めたそもそものきっかけ。

時代は進んでカルチャーの中心は雑誌やビデオテープから配信やSNSに完全に置き換わった。ヌードや緊縛写真を取り巻く環境も変化している。そして僕自身の写真や縛りの技術だってそれなりに進歩していると思う。それでも自分が撮る緊縛写真は根本的には変わっていない。縛られた女性だけが醸し出す「美しさ」。それを感じられる写真を今も目指している。

2019年までは毎年開催していた作品展も、コロナ禍で途絶えてしまって今回の個展は実に5年ぶり。そして僕自身もなんと今年で生誕60周年を迎える。今回の展示は自分比で過去最大規模になるので、直近4年間の作品が中心ではあるけれど、これまでの集大成になれば良いと思っている。

というわけで、僕とROPEMAGiCの20年余の歩みを年表風にざっと振り返って、この図録の解説とすることにした。まとめるの結構大変だったので、読んでいただけたら嬉しいです。

 

1997年:初めて女性をロープで縛る。場所は池袋、お相手はプロの方。幼少期にボーイスカウトだったせいか見よう見まねで意外なほど上手に縛れた。

1999年:初めてのデジタルカメラ、ニコンCoolpix購入。そして初めての緊縛写真らしきものを撮影。

2003年:緊縛された女性の美しさを世界に知らしめるためにWEBサイト「ROPEMAGiC」を開設して正式に緊縛写真のモデル募集を開始。コンスタントにモデルが見つかるようになったことで、このころは月に数回の作品撮りを実施していた。今から考えるとかなりのハイペース。

2004年:初めてのデジタル一眼レフ、PENTAX *ist D購入。2015年にSONYのα7Ⅱに乗り換えるまでは10年以上PENTAXのカメラを使い続けた。好きだったんだよな…ペンタックス。

2005年: FC2BLOGにて「ROPE MAGIC BLOG」開始。撮影速報やサイトの更新情報などを発信するのに重宝したんだけど、2012年にtumblrを開設したタイミングで更新を停止。

2007年8月:初めてのミニ写真集「ROPEMAGIC STYLE」を作成。モデルは何度も撮影させてもらったMakotoちゃん。甘ずっぱい思い出が満載。

9月:「WEBスナイパー」にスズキレイジのロングインタビューが掲載。謎の緊縛写真作家として紹介される。同サイトでのコラボ撮影も実現。

2008年7月:初めてのスマホ、iPhone 3Gを購入。今ではLazyCAFEでの撮影をはじめ大活躍のiPhoneだけど、まさかここまで世界を変えるとは思わなかったよね。

2011年2月:初めての個展「スズキレイジ作品展 ROPE MAGIC  EXHIBITON」を下北アートスペースにて開催。同時に初めての作品展図録「ROPEMAGIC  EXHIBITON」を発行、作品展会場にて販売。初めてづくしで緊張したけど、とても楽しかった…と自分のブログに書いてあった。

7月:Twitter(現在のX)アカウント(rope_magic)開設。一時は凍結されたり、シャドウバンに遭ったりしながら現在もなんとか運用中。

2012年4月:tumblrにて「ROPE MAGIC PORTFORIO」開設。ヌードも掲載できる自由な画像SNSとして賑わっていたtumblrだけど、途中から方針が代わってヌードNGになってからは忘れ去られた存在になってしまった気がする。

2014年11月:大阪の彩珈楼ギャラリーでのグループ展「THE NUDE」にて作品展示。

2015年2月:ギャラリー新宿座でのグループ展「倒錯展」に紫護縄びんご氏の紹介で作品展示。現在の作品展示のフォーマット(サイズ、用紙、プリント方法、額装など)はこのときに試行錯誤しながら決めたもの。

7月:「ROPEMAGiC」サイトをリニューアル。ドメインをropemagic.netに変更。スマートフォンでの表示にも対応。

9月:ギャラリー新宿座での公募緊縛写真展「春夏秋冬」にて作品展示。来場者投票で見事1位となり、次回公募展への招待展示権を獲得。

2016年1月:ギャラリー新宿座にて2回目の個展「スズキレイジ作品展 ROPEMAGiC CAFÉ」を開催。 同時に作品展図録「ROPEMAGiC COLLECTION 2016」を発行。

4月:ギャラリー新宿座での第2回公募緊縛写真展「昭和」にて招待展示。そしてギャラリー新宿座は惜しまれながら閉館。

2017年4月:デザインフェスタギャラリー原宿にて「スズキレイジ作品展 ROPE MAGiC FESTA」を開催。 作品展図録「ROPEMAGiC COLLECTION 2017」を発行して、初めての通信販売も実施。

7月:DX歌舞伎町にて行われた紫護縄びんご氏主催のイベント「カタルシス2」にて初めてのストリップ劇場での緊縛ショー出演。モデルは泉えり嬢。

2018年1月:本業が一段落したので、しばらくは緊縛写真家としての活動をメインにするべく自分専用の緊縛撮影用スタジオ「studio62M」を開設。 有償での緊縛撮影依頼の受付開始。ほとんど毎日、撮影希望の女性をこのスタジオに招いて緊縛写真を山ほど撮影した。 ただこのペースだと自分の身体がもたない…ということで5ヶ月で閉鎖。以降はペースを落として外部のスタジオやホテルでの撮影プランを実施(現在は休止)。

5月:新宿眼科画廊で「緊縛写真二人展LIGHT & DARKNESS」をひこさんと共催。同時に作品集「ROPEMAGiC COLLECTION 2018」を発行。 会場では表紙を飾ってくれたShiroちゃんとのライブシューティングも実施。

7月:DX歌舞伎町にて行われた「カタルシス3」にて再びの緊縛ショー出演。モデルは寺島ゆき嬢。

8月:初めてのデジタル写真集「blanc comme neige」を試験的に発行。ダウンロード販売を開始。

9月:三代目葵マリー氏にご招待いただきフェチフェスに出展。限定CD-ROM「EROTIC ANGELS」を販売。

12月:吉田よい氏主催のイベント「大縄あそび」に出演。モデルは再び寺島ゆき嬢。そして写真作品づくりに集中するため外部の緊縛ショーに出るのはこれで一区切り。

2019年1月:本業に復帰。緊縛写真作家は副業として継続することにした。そして本格的にデジタル写真集の制作と販売を開始。ほぼ現在のフォーマットに近いかたちでのデジタル写真集第1弾「CURIOSITY」をリリース。

2月:「LazyCAFE」を開始。女性なら誰でも心地よい緊縛と美しい写真撮影が楽しめる和やかなお茶会として、新宿歌舞伎町のSMバー「密蜜」をお借りして、毎月第2・第4土曜日の午後に現在も開催中。

9月: 新宿眼科画廊にて4回目の個展「スズキレイジ作品展 ROPEMAGiC EXHIBITION 2019」を開催。図録「ROPE MAGiC COLLECTION 2019」も発行。さらに作品をプリントしたTシャツも評判に。

2020年3月:いわゆるコロナ禍に突入。緊急事態宣言が出てイベントは軒並み開催中止に。定期的に開催していた個展も計画することがが難しくなってしまった。一方で作品撮りについては2人だけの少人数でできるから影響は少なく、ホテルやスタジオが空いていて、むしろやり易い環境だったので、こっそりと実施できた。

4月:「BOOTH」にてデジタル写真集の販売を開始。 かなり反応は良かったものの、その後の利用規約の変更により2021年8月に全作品が削除対象となってしまい、残念ながら撤退。

2021年8月:「Fantia」にてデジタル写真集の販売を開始。海外からの決済も可能なので、数多くの反応があったものの、その後の利用規約の変更により2022年5月以降は新規の商品登録ができなくなったため、現在は残念ながら更新停止。

9月:全世界向けアートコンテンツ販売プラットフォーム「Gumroad」にてデジタル写真集の販売を開始。これまで24カ国の皆さんに購入いただきました。現在までの販売数の国別上位はアメリカ、日本、シンガポール、香港、台湾、ドイツ、韓国、カナダ、イギリス、インドネシアの順。

2022年1月:そろそろ下火になっていた新型コロナに感染。高熱が出て、初めての隔離生活。回復してからは、ほぼ月1回ほどのペースで作品撮りを実施。たくさんの良いご縁があり、良い写真をたくさん撮れました。その多くはこの図録にも収録したので、ぜひゆっくりとご覧ください。

2024年5月:生誕60周年を迎えるタイミングで5回めの個展

「緊縛写真作家スズキレイジ活動20周年記念作品展 ROPE MAGiC EXHIBITION 2024」を新宿眼科画廊にて開催。


【作品展】

  • 2014年11月 彩珈楼ギャラリー グループ展「THE NUDE」
  • 2015年9月 ギャラリー新宿座 公募緊縛写真展『春夏秋冬

2017年4月 デザインフェスタギャラリー原宿

スズキレイジ作品展 ROPE MAGiC FESTA

2018年5月 新宿眼科画廊

緊縛写真二人展「LIGHT&DARKNESS」


【イベント出演】

【掲載記事】